住宅ローンのしくみ

マイホームを購入する際、多くの方が住宅ローンを利用することになります。よほどの事がない限り、現金一括払いできる人はなかなか居ないことでしょう。ローンといえば聞こえが悪く、なかなか手を出したくない・・と思うかもしれませんが、使い方さえきちんと抑えておけば効率よく、なおかつ便利に利用できます。まずは住宅ローンについて詳しく説明していきましょう。住宅ローンとは、家を購入するときにのみ利用できるローンであり、金融機関から融資を受けることができます。金利に関しても、他のローント比較しても低金利であり、期間も35年までと長期にわたって返済できるため、利用者にとっては非常にありがたいローンといえます。とても便利なローンですが、誰もが自由に組めるわけではありません。貸し出し条件は、各金融機関によって若干異なりますが、共通する部分としては、「ある一定の収入が見込めること」、「保証会社との債務保証委託契約を結ぶこと」こちらの2点を要しており、これらの基準プラス各金融機関が定めた条約に満たした人のみ、融資を受けることができます。なお、正社員か非正社員であるか、といった項目は詳しく掲げられてなくとも、基本的には正社員のみが「一定の収入を得られる」の条件に該当しており、非正社員であれば受けられないケースも多々あります。また、保証会社によっては、保証手数料を別途請求される可能性もあるので、事前にチェックしておく必要があります。住宅ローンを受けるにあたり、納得できないことがないよう基本的なことはしっかりと認識しておきましょう。

住宅ローンのしくみ

金利のタイプ 次に、住宅ローンの金利について説明します。住宅ローンを組む際、まず一番に着目して欲しいのが「金利」です。金利にはさまざまなタイプがあり、まず大きく2つに分けて「固定金利」と「変動金利」があります。その中でもさらに種類が分かれており、固定金利には「全期間固定型」、変動金利には「固定期間選択型」、「変動金利型」の3パターンに・・・ >>詳細はこちら
ネット銀行での融資 先述したとおり、住宅ローンを選ぶ1番のポイントは金利であり、低いに越したことはありません。そのため、住宅ローン会社を選ぶ際は、「金利がいくらであるか」をしっかり見比べることが大切です。各会社によって金利以外にもお得なサービスを設けていますが、シンプルに金利だけで判断するのが1番わかりやすいでしょう。 また、現在ではネット銀行での住・・・ >>詳細はこちら